スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


銀行と証券会社どちらが安全?

銀行証券会社にそれぞれ2000万円を預けていたとします。
万が一破綻してしまった場合、預けていたお金はどうなるのでしょうか。

銀行は預金保険機構によって1000万まで、証券会社(証券業のみ)も投資者保護基金によって1000万円まで保証されています。ではお互い残りの1000万円の行方はどうでしょう。

銀行預金は預金という名前がついているものの、実際には銀行に貸し付けている貸付金です。そのため銀行預金は預金者のものではなく、貸し付けているため銀行のものであり、預金者は債権者ですので銀行破綻時には債権放棄を迫られます。

以前は全額保護されていた銀行預金ですが、2005年のペイオフ解禁によって「元本1000万円とその利息」を超える分については「金融機関の財産状況による」ということになっています。
その処理の方法は、預金者も一般債権者や株主と同じく財産を処分してそこから配当を受けとる形になります。配当順位も米国では一般債権者よりも預金者の順位が高く保護されているものの、日本では配当順位が一般債権者と全く同じ扱いのようで、制度上全額返済は難しそうです。

これに対して証券会社の預かり金や株券や委託保証金は投資家のものであり、証券会社のものではありません。証券会社は分別保管が義務づけられていて、証券会社の資産とは切り離されて保管されているので、基本的には全額返還されます。ただ分別保管がきちんとなされていない可能性は完全には排除できないので、証券会社の規模等を見極める必要はあるかもしれません。例えば以前山一証券の破綻時には全額返還されたようです。

万が一破綻した際1000万円を超えて全額戻ってくる可能性は証券会社の方が高そうですが、この問題はそれぞれの企業の経営健全性などを考慮しなければならず、どちらが安全と簡単に答えを出すのは難しそうです。

ただ構造的に普通預金には銀行の信用リスクがあるが、証券会社は倒産隔離で守られていることは再認識する必要があると思います。

また完全保証を求めるならば、「決済用預金」などを選択したほうが良いでしょう。
この場合利息はつきませんが、現在の普通預金は0.04%なんていう利息しかつかないので、あまり気にならないかもしれません。

ちなみに我が家の金融資産は大部分証券会社に入っています。

スポンサーサイト


テーマ : お金の勉強 - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : 預金保険機構 投資者保護基金 ペイオフ解禁 分別保管 山一証券 信用リスク 倒産隔離 決済用預金

トレーダーに一番大切なこと


トレーダーに一番大切なことは何かと言われれば、
「勝てる戦略を得ること」を第一に考えているのが一般的だと思います。

では勝てればいいのかと言えば、それだけでは危険が伴います。

トレードで仮に大金を稼いでいても、
常に多大なストレスを抱えているようであれば、
それは寿命と引き替えにお金を得ていると言っても過言ではありません。

ましてや損失を出した上に健康も害しているというのであれば、
とてもやりきれない気分になるでしょう。

適度なストレスは脳細胞を活性化し、
長寿に必要なものと考えられていますが、
たいていのトレーダーのストレスはその域を遙かに超えた危険なものです。

ストレスというと精神障害を考える人が多いかもしれません。
実際に世紀の相場師ジェシー・リバモアなどトレーダーの自殺は少なくありませんが、
そこまで行かなくても倦怠感が抜けないなどのうつ病様の症状が出ることはあるかもしれません。

しかしより問題なのは、過度のストレスが循環器系の障害や免疫機能の低下を引き起こすことです。
免疫システムは体内で発生した癌細胞の大半を駆逐する役割も果たしていますから、強いストレスは発癌率を上昇させることになります。
気がつかないうちに自分の寿命を削っている可能性にもっと敏感になる必要があります。

またもしある職業の人が病気がちであるならば、それはその職業特有のストレスが原因ではないかと考えてみてください。

大金所有の夢はすべて健康の上に成り立っています。
健康がお金よりも大切なものである限り、
いかにストレスを減らすか」を何よりも優先して考えるべきでしょう。

もし大金を得られる方法があったとしても、それが常に強いストレスを伴うものであれば、
その手法は本当に人生にとってプラスになるか十分に考える必要があると思います。

ストレスは最悪の経費




テーマ : お金の勉強 - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : ストレス

金は天下の回りもの

金は天下をめぐりめぐっていて、
今一時的に自分が所有しているだけ。
仮にどんなに多くの金を所有していても、
いずれはすべて他の誰かの手に渡っていきます。
持ち続けることは決して出来ません。

そう理解すれば、少し楽にトレードできます。

金は天下をめぐりめぐっている血液のようなもの。
流れをせき止めれば、凝固して血液の流入も止まり、
誤ったところに流せば、その血液は2度と戻ってこなくなる。

お金を貯め込みすぎたり、誤ったお金の使い方をしていれば、
いずれお金は入ってこなくなる。

お金の稼ぎ方や貯蓄のことばかりを考えて、
お金の使い道に無頓着になっていませんか?

私たちがお金を使った方向に社会は進んでゆくことを考えると、
「ただ単に一番安いところから買う」という自分の過去の行動を
反省せざるを得ません。

金は天下の回りもの



テーマ : お金の勉強 - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : 金は天下の回りもの

はじめまして

はじめまして、Dr.KKです。
現在医業はそこそこにトレーダー兼子育て中。
年初から日本株トレードを開始。
最近はFXトレードにも手を出しています。
投資金額が小さいために利益も少なめですが、
それなりに順調に運用されています。

これからきっと悲惨なドローダウンが待ち受けていることでしょうが、
人事のように受け流していければと思っています。



テーマ : システムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : トレーダー 日本株 システムトレード フォワードテスト 為替 先物 ドローダウン

プロフィール

Dr.KK

Author:Dr.KK
トレーダー兼ドクター
2児の父
座右の銘:金は天下の回り物

くる株ブログランキング
にほんブログ村へ
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 株ブログ 株 信用取引へ
成績 (税・手数料 除く)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
amazon
ブログ内検索
RSSフィード
相互リンク
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。